【今すぐできる】ゲーム中のストレスを激減させる方法はこちら

新しいゲームを買うとわくわくしますよね。

でも初めは楽しくゲームしていてもふとした瞬間にストレスを感じることってありますよね。

冷静に考えれば面倒なこともあって当然なんですが、楽しそうと思って始めた人ほど「こんなはずじゃなかった…」とか「このゲームは自分に向いていなかったんだ…」という疑念にとりつかれやすくなります。

結果的にモチベーションが下がり、ゲームを遊ばなくなってしまうことも。

この記事ではゲームのモチベーションをどう保っていくのか。つまりリフレッシュしながら楽しくゲームするにはどうすればいいのかということを2つ紹介していきます。

「最近ゲームをしていてやたらとストレスを感じるな〜」とか「昔みたいにあまりゲームのやる気がしなくなってきた」

と感じたらぜひともこの方法を試してみてください。

どちらかと言うと抽象的な話が多くなると思うので、私の実体験を例に挙げながら話を進めていきます。その方がわかりやすいと思うので。

ゲーム中に感じるストレスを限りなくゼロにする方法を2つ紹介します

自分のプレイスキルが低いことにストレスを感じるという場合は練習あるのみなんですが、これだとそっけないので少し違った視点からストレスへの対処方法をお話ししていきます。

リフレッシュする前にやるべきこと

まずは自分は今何にストレスを感じているのかはっきりさせるところから始めましょう。

ストレスを感じているということは、つまり今の自分の現状に不満があってそれをなんとかしたいと思っているということですよね。

でもそれをそのままにしておくと、「何回やってもうまくできない」とか「このゲームは自分に向いていないんじゃないか」という風にネガティブな方向ばっかりに目が向いていってしまいます。

そうならないように、何か嫌なことがあったらぜひ「何が自分をこんな気持ちにさせているんだろう」と、何という言葉を使って自分に問いかけてみてください。

そうすると具体的な解決策を思いつきやすくなると言われています。

私は最近スイッチ版のmoonというソフトを遊んでいるんですけど、なんかあまり面白くないなと。いろんな人がおすすめしているし名作って言われてるけど、なんか悶々とするなと。

このときなんで自分はこのゲームをみんなと同じように楽しめないんだろうと考えてしまうと、

「昔のゲームだからグラフィックがあまり綺麗じゃないし、やっぱり自分には向いてなかったのかも」

となっていき、

「この歳になってくるとゲームも楽しめなくなってくるのか」

みたいにどんどんネガティブな方向に行ってしまうんですね。

ではどうすればいいかというと、ここで「何が自分を悶々とさせているんだろう」と質問するんですよ。

例えば私の場合だったら何が悶々とさせるんだろうと考えると、ゲームの序盤で何回もゲームオーバーになって、その度に始めからやり直すはめになっていたんですね。

冷静に考えればセーブのやり方を知らなかったからだ、ということがわかるわけですよ。

すると次からはちゃんと説明書を読んでからプレイしようという風に、具体的な行動に結びつくわけですよ。

ですのでこのようにストレスを感じたときは「何が自分をこんな気分にさせているんだろう」と問いかけてあげるといい解決策が出てきやすくなりますよという話ですね。

1時間に1回の休憩するだけで…

いくら好きで始めたゲームとは言え、何時間もプレイし続けているとだんだん疲れてきますよね。そういうときは一旦ゲームから離れることをすることをおすすめします。

つまりゲームをするときはちゃんと休憩するタイミングを作りましょうという話です。

なにを当たり前のことを、と思うかもしれませんが、私も含め好きなものであればあるほどノンストップでやり続けてしまうものなんです。

こうなると頭をゆっくり休ませる時間がなくなってしまうんです。特にアクションゲームをしているときに起きがちなんですけど。

例えばダークソウルリマスタードなんかはやったことがある人ならわかると思いますが、初見プレイだと何回もリトライすることになりますよね。

こうして休む時間もなくずっとプレイしていると疲れてきますし、早くクリアしないという焦りから凡ミスも増えたりしますよね。それでゲーム自体が嫌になって途中で投げ出してしまったり。

こうならないようにするためには強制的に休む時間をいれてあげるのが大事です。

すると自動的に休む時間が生まれますよね。そして休憩することによって頭の中でいろいろ考える時間が生まれたり、次はからより高いパフォーマンスを発揮できたりするようになるわけです

ではどうやって休憩するタイミングを作るのかというとタイマーを使うことをおすすめします。

熱中しているとどれくらい時間が経ったのかわからなくなるので、例えば1時間に1回でもいいですし2時間に1回でもいいので、とにかく事前に休憩するポイントを作っておきましょう。

そしてタイマーが鳴ったらどんなに切りが悪いところでも必ず休憩に入ってください。

休むといっても完全に無にすることはできないですが、このときにスマホをいじったり音楽を聴いたりはしないでくださいね。ここで重要なのは外部からの刺激をシャットアウトすることにあるので。

私の場合は椅子に座ってタイマーを5分にセットして、鳴るまではずっと目を閉じるようにしています。

これをやってあげると頭のリフレッシュになりますし、結果的に高い集中力を維持できたりゲームに飽きにくくなってくるのを実感できます。

個人的にノンストレスでプレイできたおすすめゲームを紹介します【スイッチライトで遊ぼう】

完全に好みの問題なんですが、ここからは私が最近遊んで楽しかったというソフトを紹介していきます。ちなみに全てスイッチライトでプレイしてます。

ルルアのアトリエ 〜アーランドの錬金術師4〜【とことん遊びやすくなったアーランドシリーズの集大成】

ルルアのアトリエ ~アーランドの錬金術士4~ - Switch

アーランドシリーズの4作品目ということで、これまでのシリーズをプレイしていない人はなかなか手を出しにくいと思うかもしれません。

ですがストーリーは主人公のルルアを中心に進んでいくので、過去作のことはあまり気にしなくて大丈夫です。

一応過去のキャラクターも登場しますが、出てくるのも後半だったり、急に出しゃばってくることもありません。

私はアーランドシリーズは1作品目からプレイしていますが、ルルアのアトリエに関しては一つの独立したタイトルと言ってもいいんじゃないかとも思っているくらいです。

あと開発に携わっている細井順三さんも言っていますが、アーランドシリーズの集大成ということで、物語の肝となる錬金システムのUIはとても親切な作りになっています。

繰り返しになりますが、一通りこのシリーズを遊んできた私でさえ「そうそう!こんな機能が欲しかったんだ」と納得しまくりでした。

これは毎度のことなんですが、いい意味で調合ばかりやってしまってストーリーを後回しにしてしまうんですよね。

これまでのアトリエシリーズにあった日数制限も無くなっているので、納得がいくアイテムができるまでひたすら探索と調合に没頭できますよ

これはもうアトリエシリーズあるあると言ってもいいくらいだなと。

例えるならポケモンでひたすらタマゴをかえし続けたり、どうぶつの森で買い取り金額がアップしている商品を作りまくったことがある人のらきっとハマるはずです。

本当にスイッチライトはコツコツとしたゲームの相性が抜群にいいですね。

もっと詳しく知りたいという人はこちらの記事でもクリア後の感想をお話ししているので、もしよければ参考にしてみてください。

ルルアのアトリエの感想と評価【UIが進化し更に遊びやすくなった良作】

ダークソウルリマスタード【死にゲーはストレスが溜まると誤解していませんか?】

DARK SOULS REMASTERED - Switch

ダークソウルリマスタードのようなアクションゲームはスイッチライトだと遊びにくいと思うかもしれませんが、これは誤解ですね。

むしろスイッチライトとの相性はいいと言えるくらいです。

このソウルシリーズは敵の攻撃をじっくり見て、タイミングよくガードしたり攻撃をパリィ(はじくこと)したりして隙を作り出していくことが重要なゲームです。

闇雲に自分から攻撃していくよりも、相手の動きをよく観察していった方が意外と上手く倒せたりするんです。

このタイミングを測っていくという部分は音ゲーに近いものがあるかもしれません。

音楽に合わせて○や△みたいな記号が画面の端から流れてきて、リズムよくボタンを押せばコンボが繋がって得点が入っていきますよね。

これも音楽と譜面をしっかり確認しておかないと、なかなかうまくはいかないですよね。

ソウルシリーズもこれと同じで、少し乱暴な言い方をしてしまうと隙を見つけたらタイミングよくボタンを押せばいいだけなので慣れればわりと簡単になってきますよ

私はこのシリーズは初めてプレイしましたが、スイッチライトだからといって操作しにくいなと感じることはありませんでした。

あとスイッチライトはスマホと同じように手軽でプレイできるのが最大のメリットです。

さっきは思っているよりも簡単だという言い方になってしまいましたが、このソウルシリーズはいわゆる死にゲーといわれるジャンルです。

これは断言できますが慣れるまでは何回もゲームオーバーになります。

ですがプレイしたことがある人はわかると思いますが、一回ゲームオーバーになったとしても、次こそはという気持ちにさせられるという不思議な魅力を持っているんですね。

それで結果的に何回もトライすることに繋がるわけでして。

こんなふうに初めは難しいと思っていても、何回も繰り返すうちにだんだん慣れてくるんですね。

しかもこのスイッチライトは寝る前や隙間時間にプレイするのにぴったりなので、それだけ手にする回数が増えますよね。

つまり何が言いたいのかと言うと、たとえ初めは難しいなと思ったとしても、そこにスイッチライトのお手軽さとトライアンドエラーが掛け合わさることによってプレイスキルがめちゃくちゃ上がりやすくなるんですよ

それだけ上達するスピードが早くなるということは、言い換えると自分の成長を実感しやすいとも言えるわけです。

私もどちらかと言うとアクションゲームは苦手なんですが、そんな私でも一通りクリアすることができました。

ですので、アクションゲームだから遊びにくいそうとか死にゲーはハードルが高いと思っている人も、一回そういう先入観は置いておいて一度でもいいのでプレイしてみてください。

まとめ:こんなやり方でストレスが減るとは思いませんでした

というわけで今回は以上になります。

最後にまとめると、

  • ゲーム中に感じるストレスを限りなくゼロにするには、何にストレスを感じているのかを明らかにすることと、マメな休憩が重要です。
  • ノンストレスで楽しめるゲームはダークソウルリマスタードとルルアのアトリエです。特にスイッチライトとの相性がとても良いです。

超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド

ちなみに一番初めに紹介した、何にストレスを感じているのかをはっきりさせようというテクニックは、実は科学の分野で効果が証明されていたりします。

これを「何故(なぜ)よりも何(なに)法」と言います。

ここでは紹介しきれないくらいの、なんなら今すぐにでも使えるようなテクニックが100個も載っているので、もしよかったら読んでみてください。

少しでも参考になれば嬉しいです。